Event is FINISHED

ピース・バイブレーション音楽鑑賞会01 by ピーター・バラカン & monk beat

Description

〜ピース・バイブレーション音楽鑑賞会01 by ピーター・バラカン & monk beat
〜This is Peace Vibration〜

神々しさと美しい自然に包まれた東京大神宮で
「平和の響き」を感じる至福のひととき

ピーター・ バラカン氏が選曲したアナログレコードの響きに
自然の奏でる”ゆらぎ”を添えてモンクビートが演出


「ピース・バイブレーション音楽鑑賞会」とは?

音のソムリエが厳選したレコード名盤をただ聴くだけではもったい ない。
モンクビート独自の演出により心揺さぶるリアルで生々しいサウン ドにリファイン。
豊かな響きに満ちた空間で、心を込めて奏でられる名状し難い「 新感覚のアート」
実際に体験してみませんか?


【出演】

ピーター・バラカン (Peter Barakan)
モンクビート (monk beat)


【日時】

令和元年7月15日(月・祝)
開場14:30
開演15:00〜16:30


【場所】

東京大神宮 マツヤサロン 瑞穂の間

【料金】

前売り券 3,000円 (当日券 3,500円)
中高生 1,500円
静かにいい子で聴ける小学生以下の子供たちは無料

※お子様が騒がしくなられた場合、途中退席いただくことがございます


ピーター・バラカン(Peter Barakan)


1951年ロンドン生まれ。ロンドン大学日本語学科を卒業後、 1974年に音楽出版社の著作権業務に就くため来日。 現在フリーのブロードキャスターとして活動、「バラカン・ ビート」(インターFM)、「ウィークエンド・サンシャイン」( NHK-FM)、「ライフスタイル・ミュージアム」(東京FM) 、「ジャパノロジー・プラス」(NHK BS1)などを担当。著書に『ロックの英詞を読む~ 世界を変える歌』(集英社インターナショナル)、『 ラジオのこちら側』(岩波新書)『わが青春のサウンドトラック』 (光文社文庫)、『ピーター・バラカン音楽日記』( 集英社インターナショナル)、『魂(ソウル)のゆくえ』( アルテスパブリッシング)、『ぼくが愛するロック 名盤240』(講談社+α文庫)、『ロックの英詞を読む』( 集英社インターナショナル)、『猿はマンキ、お金はマ ニ』(NHK出版)などがある。 2014年から小規模の都市型音楽フェスティヴァルLive Magic(https://www.livemagic. jp/ )のキュレイターを務める。ウェブサイトは http://peterbarakan.net



モンクビート(monk beat)


モンクビート(monk beat)とは?修行僧(monk)の如く真摯に音と向き合い、 鼓動(beat) を生み出していくという意味。 2004年奈良法隆寺を参拝した際に得たインスピレーションから 結成された音楽制作グループ。 主宰である山口泰はビクターやアメリカでレコーディングエンジニ アとして数々のアーティストの楽曲を手がけ、 ワールドトレードセンター地区にスタジオを構え、 これからという時に9.11を体験。 命こそ助かったものの今までの価値観は崩壊し失望と共に帰国、 一時は神仏の道へと進もうと考えた。ある方より「 音楽で自分や人を救う仕事をしなさい」と言葉を頂き、 それを機に再起、その後は海外難民支援や介護老人施設慰労、 神前仏前での音楽奉納など積極的に活動。現在、 江戸時代建立の薬王寺(千葉県南房総市) をレコーディングスタジオとし、2018年にアルバム” Peace Vibration By Nature” 4作をリリース。心揺らす「核のある音作り」「芯のある音作り」が信条。https://www.monkbeat.com

Updates
  • タイトル は ピース・バイブレーション音楽鑑賞会01 by ピーター・バラカン & monk beat に変更されました。 Orig#438651 2019-05-29 04:46:04
More updates
Mon Jul 15, 2019
3:00 PM - 4:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
前売り券 SOLD OUT ¥3,000
当日券(会場払い)3,500円 FULL
中高生 SOLD OUT ¥1,500
静かにいい子で聴ける小学生以下の子供たち FULL
前売り券(担当窓口に前日までに支払い)3,000円 FULL
Venue Address
千代田区富士見2丁目4−1 Japan
Organizer
Peace Vibration 音楽鑑賞会
20 Followers